薄毛切れ毛の原因

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーは何が違うの?

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーは何が違うの?

(公開: 2017年8月16日 (水)

最近は、ノンシリコンシャンプーの人気が高いです。ノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないシャンプーで、シリコンシャンプーはシリコンが入っているシャンプーのことです。

シリコンは、軟膏などにも使われるもので、酸素とケイ素、有機基で構成されている有機化合物のことです。シリコンを配合したシャンプーは、髪の手触りが良くなり、ドライヤーで髪を乾かした時も、指どおりがなめらかで乾かしやすいのです。

髪同士の摩擦を抑えるため、朝ブラッシングするときもスムーズにブラッシングすることができます。ただ、シリコンは髪のボリュームを抑えるので、ボリュームのあるヘアスタイルを希望する人には向いていません。シリコンは、とても保湿力が高い油分なので、頭皮の油分が気になる人や皮膚がデリケートな人は、控えた方が安心です。

シリコンが配合されたシャンプーは毛穴をふさぐ可能性があるため、日本ではノンシリコンシャンプーを使う人が増えています。

昔は、ノンシリコンシャンプーというと高価なものが多かったのですが、ここ数年で安いシリコンシャンプーも数多く販売されるようになっています。

ノンシリコンシャンプーでも、洗浄力の強いシャンプーだと、頭皮に負担がかかることがあるので注意が必要です。シリコンが入っていなくても、有害な成分が入っているシャンプーは避けた方が安心です。頭皮に対する負担が少ないノンシリコンのアミノ酸シャンプーは、女性に人気があります。アミノ酸は、もともとタンパク質を構成している物質で洗浄力は弱めですが、肌が弱い人や頭皮が乾燥しやすい人から高い評価を受けています。

洗浄力が強い成分が使われているシャンプーでも、シリコンが入っていれば頭皮や髪を保護してくれますが、ノンシリコンシャンプーの場合は、洗浄力が高い成分が使われていると保護されない分、頭皮に影響が出ることがあります。シャンプーを選ぶときは、自分の頭皮や髪質にあったシャンプーを選ぶことが大切です。

こちらのサイトではノンシリコンシャンプーの体験談が書いてありました。