葉酸サプリ

葉酸サプリの葉酸ってどんなもの?

葉酸サプリの葉酸ってどんなもの?

(公開: 2017年8月 4日 (金)

葉酸とは アミノ酸や脂肪酸は耳なじみがありますが、葉酸って?聞きなれないと思う人もいるかもしれません。 葉酸は水溶性ビタミンB群の一種です。水溶性なので体内で使用されなかった分は尿として排泄されてしまいます。葉酸を体内に溜めることはできないので、毎日取り込む必要があるということです。  ・葉酸の働き 代謝を高め、タンパク質や核酸の合成に働きます。新しい細胞が作られるためにとても重要です。「造血ビタミン」と呼ばれていて、ビタミンB12とともに赤血球の生成を助けます。 葉酸が欠乏すると、口内炎や胃・十二指腸潰瘍を起こすことが分かっています。 動脈硬化予防にも働きます。動脈硬化を引き起こす原因だと考えられている「ホモシステイン」は必須アミノ酸の一つで身体に必要なものですが、これを無毒化するために葉酸が必要なのです。  ・葉酸がとくに必要なのは妊娠期 葉酸を補給することで、細胞分裂が活発な妊娠初期に起こりやすい、胎児の神経管障害(二分脊椎症など)のリスクが7〜8割抑えられるので、2000年厚生労働省から妊娠中・妊娠を計画している女性に対して葉酸を摂取することが推奨され、2002年からは母子手帳にも葉酸摂取のすすめが記載されています。 母乳育児の場合、授乳期に十分な葉酸をとることで、母乳に含まれる葉酸量が増え赤ちゃんの発育が健やかになるといわれています。  ・葉酸は食品からは摂取しにくい 葉酸は緑黄色野菜に多く、レバーや豆類などに含まれています。しかし、水に溶けだし、熱にも弱いので加熱調理をすると栄養が失われてしまいます。 妊娠中には妊娠していないときの2倍の400μg、さらに授乳期には20μg増え420μg摂取することが推奨されています。 食材や調理法を考えて工夫しても、実際に摂取するのは難しく、目に見えるものではありません。そのため葉酸サプリガ注目を集めているのではないでしょうか。

オレンジジュースから本当に葉酸は摂取できるの?