エレベータの車椅子用ボタンを押すと?

エレベーターには、車椅子を使う人のために、低い位置にボタンがついていることがあります。

このボタンを押すと、通常の場合とは何が変わるのでしょうか。

ひとつは、扉の開閉時間です。

通常の扉の開閉時間は3〜5秒ほどですが、車椅子用のボタンを押した場合は、これが10秒ほどになります。

乗り降りがしやすいように、開閉時間が長く設定されているのです。

 

リフトの故障と修理ならここ


また、エレベーターを呼ぶ場合にも、車椅子用のボタンを押した場合は、中に鏡のついたエレベーターが来るようになっています。

この鏡は、車椅子の人が後ろ向きでエレベーターを降りる時、後方を確認するために必要なものです。

車椅子用のボタンには、このような配慮がほどこされているのです。