妹が中学受験対策の為、週に5日大手学習塾へ通っていました。

私の妹が小学校4年生から小学校6年生卒業まで中学受験対策の為、有名私立や大手国立中学に多数合格者の出している塾へ通っていました。本番が近くなると教室近くがとてもピリピリしていて立ち入り辛かったことを覚えています。週に5日、一日3時間。本番が近くなるにつれ授業の時間は増え、みな必死の形相で机にかじりついていました。妹が受けていたのは国語・算数・理科・社会の4科目。教科書の中から入試に出そうな問題だけをピックアップして何度も反復練習を行っていました。先生方は、「この学校はどんな問題が出るか」「今年新たに出る傾向(問題)は何か」過去の入試問題やインターネット等を見て熱心に探っていました。初めてこの光景を見た時、これだけ勉強して何人の人が受かるのだろう…中学受験って熾烈な争いだなぁ、と非常に驚きました。それだけ親御さんは教育に対して力を注いでいるのでしょうね。この時期になると外にもどこにも行かず、必死にペンを走らせていた子供達のことを思い出します。

日本教育フォーラムの口コミ・評判は良いの?